講座探し・会場探しのお手伝い!

       ブラウザの「戻る」は利用できません。この画面の「検索ページに戻るボタン」をご利用ください。

検索結果

分野 「工芸・陶芸


7件が一致しました。

クラフトパーク体験入学

週1回の「ものづくり」
開催場所 大阪市立クラフトパーク
開催日時 2月11日(月)       
午前の部 9:30~13:00
午後の部 13:30~17:00
内容 習い事を考えている方を対象に、【週に1回のものづくり】の体験入学を開催します。
見学と体験のセットで、クラフトパークをより実感していただける内容です。
スタッフによる館内ツアー、教室の雰囲気や素材の体感、お茶を飲みながらの質問タイムもあり、初心者でも安心して教室を受講いただくための体験入学会です。
●吹きガラス … 吹きガラス体験
●ステンドグラス … 板ガラスを切ってみよう
●バーナーワーク … 花模様のとんぼ玉
●キルンワーク … パート・ド・ヴェールとフュージングの技法体験
●陶芸 … 卓上ろくろで器をつくろう
●染色 … 型染・ろう染 技法体験                
●織物 … シルク×アルパカウールのあったかマフラー
●木工 … 接手をつくってみよう~三枚組み接ぎ~
●金工 … 金属にふれてみよう
※キルンワークは約1ヶ月、陶芸は約1ヶ月半後の作品引渡しになります。
冬の1日体験教室

開催場所 大阪市立クラフトパーク
開催日時 1月13日~2月24日の毎週日曜日【14:00~16:30】
※開催日の詳細はチラシまたはホームページをご覧ください。
※吹きガラスは【①14:00~15:15】【②15:15~16:30】の開催です。
※陶芸は【14:00~16:00】の開催です。
内容 本格的な工芸体験ができる1日体験教室を開催しています。
●吹きガラス…吹きガラス体験(吹きガラスの作品の引渡しは約1週間後になります)
●サンドブラスト…選べるグラスに模様を彫ろう!
●ステンドグラス…キャンドルライトホルダー
●バーナーワーク…梅と菊花のとんぼ玉チャーム
●織物…シルク×アルパカウールのあったかマフラー
●金工…銀の指輪または熔かしてつくる錫の豆皿
●陶芸…陶器のうつわ(陶芸の作品の引渡しは約1ヵ月半後になります)
冬の1日体験教室

開催場所 大阪市立クラフトパーク
開催日時 1月13日~2月24日の毎週日曜日【14:00~16:30】
※開催日の詳細はチラシまたはホームページをご覧ください。
※吹きガラスは【①14:00~15:15】【②15:15~16:30】の開催です。
※陶芸は【14:00~16:00】の開催です。
内容 本格的な工芸体験ができる1日体験教室を開催しています。
●吹きガラス…吹きガラス体験(吹きガラスの作品の引渡しは約1週間後になります)
●サンドブラスト…選べるグラスに模様を彫ろう!
●ステンドグラス…キャンドルライトホルダー
●バーナーワーク…梅と菊花のとんぼ玉チャーム
●織物…シルク×アルパカウールのあったかマフラー
●金工…銀の指輪または熔かしてつくる錫の豆皿
●陶芸…陶器のうつわ(陶芸の作品の引渡しは約1ヵ月半後になります)
生涯学習インストラクターバンク一日体験教室 ☆日本文化伝承サロン☆ 
開催場所 総合生涯学習センターネットワークコーナー
開催日時 平成31年2月2日(土) 13:30~15:00
内容 海外からも注目を集める日本。日本人がよく知っている文化を言葉や視覚で伝えるだけでなく、体験することで伝えてみませんか?

①『楽しく作ろう!折り紙作品』
②『世界でたった一つのあなたの文字』(書道)
③大阪伝統工芸 大阪唐木指物 『My箸を作ろう』

お申込みは各タイトル別でお願いします。 
ワークショップ 鬼のお面を作ろう
開催場所 大阪くらしの今昔館
開催日時 2019年1月26日(土) 
1回目13:30~ 2回目14:30~
内容 あらかじめ和紙を貼って作っておいた張子のお面に、顔を描いて仕上げます。
ワークショップ 版木はがき
開催場所 大阪くらしの今昔館
開催日時 2019年2月9日(土) 
13:30~15:00
内容 多色刷りの木版で、今昔館の冬景色のはがきを刷りましょう。
武田五一と住宅のモダニズム
住まいとデザイン
開催場所 大阪市立住まい情報センター3階ホール
開催日時 2019年3月2日(土)14:00~15:30
内容 「関西建築界の父」とも言われる日本の建築家で、近代日本を代表する建築家の一人「武田五一」
アール・ヌーボー、セセッションなど、新しいデザインを日本に紹介した建築家とも言われています。建築以外にも工芸や図案・テキスタイルデザインなども手掛け、室内意匠から家具に至るトータルな住宅設計は、建築作品に勝るとも劣らない意味を持つといえます。
日本の伝統的な美をヨーロッパの建築・工芸の先端をなす動向のなかにさえ活かした、日本化された住宅のモダニズムについて建築史家の足立裕司氏に解説頂きます。