講座探し・会場探しのお手伝い!

       ブラウザの「戻る」は利用できません。この画面の「検索ページに戻るボタン」をご利用ください。

検索結果

分野 「美術・絵画・写真・書


27件が一致しました。

「初歩からの水墨画教室」
開催場所 東淀川区民会館
開催日時 2018年4月5日~2019年3月21日                                                          10:00~12:00  木曜日    2回/月
内容 墨だけ・モノトーン? 色を使った墨彩もあります。描く人それぞれの個性が現れます。
「ペン習字教室」
開催場所 東淀川区民会館
開催日時  2018年4月3日~2019年3月26日                                                                   10:00~12:00  火曜日    3回/月
内容 模範的な素直できれいな字が書けるように、まずは楷書で基本を身につけます。 美しい字が気持ちのゆとりをうみます。
絵画教室
開催場所 住之江会館
開催日時 平成30年7月1日(日曜)~平成30年9月30日(日曜)13:00~14:30
※7月29日、8月12日を除く日曜・全12回
内容 基礎のデッサンから始めます。へたでもいい、思い切り自分の個性を表現してください。講師はスペイン人の若き感性の持ち主です。
高野山大学官学連携講座「空海と密教を学ぶ ~密教入門講座~」(9月)※定員に達しましたので、キャンセル待ちでの受付となります。※ ネット申し込み

『空海の人物像に迫る』
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 平成30年9月27日(木)14:00~15:30
内容 密教とはどのようなものなのか。知れば知るほど興味の深まる密教。密教の基礎知識から、1200年を経てなお人々の心を捉える空海と密教の魅力について学ぶ。
9月のテーマは「空海の人物像に迫る」
「お大師さん」として親しまれる弘法大師空海は、信仰の対象としてさまざまな伝承に彩られながらも、今なお多くの人びとを魅了し続けています。空海の文章を集めた『生霊集』や書簡集である『高野雑筆集』を手がかりに、日本の仏教に「密教」という新たな息吹をもたらした空海の人物像に迫ります。
高野山大学官学連携講座「空海と密教を学ぶ ~密教入門講座~」(10月) ネット申し込み

『即身成仏とは』
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 平成30年10月25日(木)14:00~15:30
内容 密教とはどのようなものなのか。知れば知るほど興味の深まる密教。密教の基礎知識から、1200年を経てなお人々の心を捉える空海と密教の魅力について学ぶ。
10月のテーマは「即身成仏とは」
弘法大師空海教学の特徴の一つとして、「即身成仏」の思想が上げられます。即身成仏の教えとはいかなるものかについて、『即身成仏義』や『菩提心論』などのテキストを用いて講義し、即身成仏が密教独自の教説たる意義を論じたいと思います。
高野山大学官学連携講座「空海と密教を学ぶ ~密教入門講座~」(11月) ネット申し込み

『密教芸術 -曼荼羅の理論と実践ー』
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 平成30年11月29日(木)14:00~15:30
内容 密教とはどのようなものなのか。知れば知るほど興味の深まる密教。密教の基礎知識から、1200年を経てなお人々の心を捉える空海と密教の魅力について学ぶ。
11月のテーマは 『密教芸術 -曼荼羅の理論と実践ー』
今から約1200年前、弘法大師空海は、唐の都の長安で当時の正当な密教の相承者であった恵果阿闍梨から密教を伝授された。密教の深淵な思想は、我々の使う言葉では表現するのは難しく、密教では悟りの世界を表現する一つの方法として曼荼羅を用いる。曼荼羅には多いもので1400尊以上の仏たちが描かれるが、曼荼羅とはいかなるものであるのか。この講座では、密教芸術の本質である曼荼羅の理論と実践について学習する。
高野山大学官学連携講座「空海と密教を学ぶ ~密教入門講座~」(12月) ネット申し込み

『真言密教の儀礼』
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 平成30年12月13日(木)14:00~15:30
内容 密教とはどのようなものなのか。知れば知るほど興味の深まる密教。密教の基礎知識から、1200年を経てなお人々の心を捉える空海と密教の魅力について学ぶ。
12月のテーマは「真言密教の儀礼」
真言密教の儀礼において用いられる僧侶の衣服、袈裟と法衣について一般の方にも解りやすく解説をおこないたい。袈裟の歴史的問題や、密教においてのみ用いられる特殊な用法などについてもふれたい。
ネットワークサロン これは驚き‼「身近な材料でおもしろPOP」を作ろう♪
どんなモノでも使い方次第で「優秀なPOP」に変身します。
開催場所 大阪市立総合生涯学習センター
開催日時 平成30年9月22日(土)14:00~16:30
内容 どんなモノでも使い方次第で「優秀なPOP」に変身。≪難しそうなこと≫を≪分かりやすく伝える≫技術を学ぶ。

※汚れても良い服装でお越しください。


【実施団体】POPとアート文字 Cafe
ミュージアム連続講座2018「形を写す、姿を描く―美術・工芸から芸能、自然史まで―」 ネット申し込み
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 平成30年11月1日(木)~11月22日(木)の毎週木曜日の全4回
18時30分から20時00分
内容 第1回
 「古陶磁の肖像-現代アートによって読み直される名品」
 「文楽人形のかたちと性根」
第2回
 「鍋島焼の文様」
 「模(かたど)る職人たち―型を使う近世大坂の職人」
第3回
 「野生のきのこを描く―理解するために描く研究者の目線」
 「浮世絵版画における肖像表現」
第4回
 「王たちの肖像:ルーヴルの名品から読み解く権力のイメージ」
グループ活動支援事業「かな書道入門~今年は小筆で年賀状~」

開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 2018年10月9日(火)・10月23日(火) 全2回
朝の部:10:00~12:00
昼の部:13:30~15:30
夜の部:18:30~20:30
内容 かな書道の技法を基礎からしっかり学んでいきます。初めての方にも丁寧に個別指導しますので安心して学べます。
今年は小筆で、『ワンランク上の年賀状』を書いてみませんか。
10月9日:かな書道の基礎
10月23日:かな文字で書く「年賀状」(亥年バージョン)
※11月以降も継続して受講することができます。
グループ活動支援事業「仏画教室~白衣観音さまを描きましょう~」

開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 2018年10月2日(火)
13:00~15:00
※11月以降も継続して受講することができます。
内容 白衣観音さまを描きます。お手本をなぞって描いていただきます。初めてでも、どなたでもやさしく描くことができる仏画の体験ができます。11月以降も続けて学ぶ事ができ、徐々に自分で下絵をお越し重厚な自分の仏さまを描けるようになります。慈悲深いお顔になるように心掛けております。また、そのお心にも触れて頂きます。
美術を聴く-朗読でたのしむ佐伯祐三-
平成30年度 新美術館×図書館わくわくコラボ
開催場所 大阪市立東成図書館 多目的室
開催日時 平成30(2018)年9月23日(日・祝日)14時から16時
内容 画家 佐伯祐三をとりまく人々の文章を朗読でたのしみ、その生涯と作品を学芸員の解説により紹介します。
講師:高柳有紀子氏(大阪新美術館建設準備室主任学芸員)
朗読:「ぐるーぷ華」のみなさん

絵画教室
開催場所 住之江会館
開催日時 10/7~12/23(毎週日曜全12回) 13:00~14;30
内容 初心者でも参加できる気軽な講座です。講師はスペイン人ですが、気楽に描いて楽しんで下さい、指導は丁寧です。
絵てがみ体験
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 10/23(火) 10:00~11:30
内容 「下手でいい、下手がいい」
「下手でいい」「下手がいい」をモットーに、楽しく、自由に絵てがみを描いてみましょう。
山縣書道教室
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 10/9(火)・23(火)、11/13・11/27 18:00~20:30 ※いずれか1回のみ
内容 美しい文字を自分のものに!
小筆を使って実用的な書道のお稽古をしてみませんか?美しく書けるコツをお教え致します!
色と香りの力で毎日リフレッシュ
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 10/9(火) 10:00~11:30
内容 季節の色をとりいれてリフレッシュする講座です。色を選ぶ実習をしながら、色と香りの力を学びます。
俳画で葉書を!
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 10/5(金)・11/9(金) 10:00~11:30
内容 俳画は省略で簡素に描く絵画です。手本を見ながら筆づかいを習えば、素敵な手描き葉書の完成です。
デジタル一眼レフカメラ「写真の学校」
開催場所 大阪市立西区民センター
開催日時 2018年10月10日、11月14日、12月12日、2019年 1月  9日、 2月13日、 3月13日 各回とも第2水曜日 午後13:30~
内容 デジタル一眼レフカメラを購入したばかりのから、もっと撮影テクニックを磨きたい方まで、デジタル一眼レフカメラをつかいこなしたい方のための講座です。
丁寧でわかりやすいカメラの基本的な使い方や撮影の基本用語から始まり、被写体や撮影目的に応じた実践的な撮影実習で、様々なテクニックがプロ写真家・西村宣世先生から学べます.
カメラの基礎と撮影の実践を学ぶ 写真教室+撮影会
開催場所 東住吉会館
開催日時 10月14日、11月4日(日)東住吉会館:13:00~15:30
10月21日(日)長居植物園:9:45集合~12:00
内容 カメラの扱い方と基礎知識を学びます。正しい構え方や構図その他撮影テクニックの指導を受け、撮影会を行います。出来上がり作品は全員で講評会を行います。
特別展「ルーヴル美術館展 肖像芸術 - 人は人をどう表現してきたか」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年9月22日(土)~2019年1月14日(月・祝)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館。ただし12月25日は開館)、12月28日~1月2日
内容 ルーヴル美術館の全8部門協力のもと“肖像”に焦点を当てた「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ― 人は人をどう表現してきたか」を開催します。肖像の制作に臨んだ芸術家たちは、どのような素材や手法を用い、どのような表現を生み出してきたのか。本展は肖像芸術の役割―モデルの人物の存在を記憶・記念する、権力を誇示する、イメージを拡散する等々―、表現上の様々な特質を、ルーヴル美術館の豊かなコレクションを通して浮き彫りにするものです。 3000年以上も前の古代エジプトの棺用マスクから、マケドニアのアレクサンドロス大王、フランス王妃マリー=アントワネット、フランス皇帝ナポレオンなど古今の権力者を表した絵画や彫刻、華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像、そして16世紀の奇才の画家アルチンボルドの肖像画まで、約110点の傑作で肖像芸術の世界を余すところなく紹介する、かつてない展覧会にどうぞご期待ください。
コレクション展「人物を描く-美人画と自画像-」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年9月22日(土)~10月21日(日)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
内容 最も長い歴史を持つ芸術ジャンルとされる肖像ですが、日本においても様々なかたちで人物の姿が表現されてきました。本展示では、館蔵・寄託の作品から、近代の日本画家たちによる美人画や、洋画家たちによる自画像を中心にご紹介いたします。
コレクション展「おおさかの仏教美術1」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年9月22日(土)~10月21日(日)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
内容 当館は開館以来、近畿をはじめとする神社、寺院よりご宝物をお預かりしております。そのうち、大阪府内に所在する社寺は約50にのぼります。6世紀に仏教流伝の入口となり、以来現在まで、大阪には篤い信仰が生きています。幾度の天災、戦災を乗り越えて、この地に伝来した仏教美術作品をご覧ください。
コレクション展「コレクター山口謙四郎の眼」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年9月22日(土)~10月21日(日)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
内容 本館蔵山口コレクションは、山口謙四郎氏(1886-1957)が蒐集した中国の彫刻125点・工芸99点からなります。これらは制作された年代・地域も多様ですが、華美に陥らず趣のある作品が多いのが大きな特徴です。ここでは陶磁・金工をはじめとする工芸作品を中心にご紹介いたします。
特別展「高麗青磁-ヒスイのきらめき」
開催場所 大阪市立東洋陶磁美術館
開催日時 2018年9月1日(土)~11月25日(日)
9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日 (9/17、9/24、10/8は開館)、9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)
内容 東洋陶磁美術館所蔵の高麗青磁を中心に、国内の代表作も加わって高麗青磁の至玉の名品約250件が一堂に会し、「祈り」と「喫茶文化」、「飲酒文化」を切り口に高麗青磁の新たな魅力を紹介します。
絵手紙(恭華書院)
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 10/12(金)・11/9(金) 13:30~15:30
内容 絵と思う人でも書き順があり、色がつきますので 美しく見える 昔から絵はという人も書き順により色もつきますのでスイカがカボチャに見えないので脳トレに良いと思います。
デジタル一眼レフカメラ「写真の学校」土曜夜コース
開催場所 大阪市立西区民センター
開催日時 2018年10月27日、11月24日、12月22日、
2019年 1月26日、2月23日、 3月23日 各回とも第4土曜日
午後18:00~20:00
内容 デジタル一眼レフカメラを購入したばかりのから、もっと撮影テクニックを磨きたい方まで、デジタル一眼レフカメラをつかいこなしたい方のための講座です。
丁寧でわかりやすいカメラの基本的な使い方や撮影の基本用語から始まり、被写体や撮影目的に応じた実践的な撮影実習で、様々なテクニックがプロ写真家・西村宣世先生から学べます.
個性が光る オリジナルな手作り年賀状講座
開催場所 東住吉会館
開催日時 11月21、28日、12月5日 (水) 13:30~15:30
内容 字が苦手な方でも大丈夫 年賀状の宛名や裏書を美しく見せるポイントを指導します。又、切り絵やマーブリングの表現と、金粉を使った書で個性的な年賀状をつくります。