講座探し・会場探しのお手伝い!

       ブラウザの「戻る」は利用できません。この画面の「検索ページに戻るボタン」をご利用ください。

検索結果

分野 「美術・絵画・写真・書


25件が一致しました。

高野山大学官学連携講座「空海と密教を学ぶ ~密教入門講座~」(7月) ネット申し込み

『密教の教え』
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 平成30年7月26日(木)14:00~15:30
内容 密教とはどのようなものなのか。知れば知るほど興味の深まる密教。密教の基礎知識から、1200年を経てなお人々の心を捉える空海と密教の魅力について学ぶ。
7月のテーマは「密教の教え」空海は平安初期に当時世界有数の国際都市であった大唐の都長安に留学し、青龍寺の恵果和尚から「密教」を学んで帰国した。その後、国から京都東寺を給与され、そこを拠点にして密教を広めるとともに、高野山を開いて密教の修行道場とした。空海が伝えた密教とは、どのような教えなのか。今日的な視点からその魅力についてお話しします。
絵手紙教室
開催場所 住之江会館
開催日時 5月15日、22日、29日、6月12日、19日、26日(火曜・全6回)13:30~15:30
内容 「ヘタでいい、ヘタがいい」心を込めて一生懸命にかいたものは相手の心に届きます。あなたらしい作品を作ってみてください。
「初歩からの水墨画教室」
開催場所 東淀川区民会館
開催日時 2018年4月5日~2019年3月21日                                                          10:00~12:00  木曜日    2回/月
内容 墨だけ・モノトーン? 色を使った墨彩もあります。描く人それぞれの個性が現れます。
「ペン習字教室」
開催場所 東淀川区民会館
開催日時  2018年4月3日~2019年3月26日                                                                   10:00~12:00  火曜日    3回/月
内容 模範的な素直できれいな字が書けるように、まずは楷書で基本を身につけます。 美しい字が気持ちのゆとりをうみます。
はじめま専科「はじめての写真学校」 ネット申し込み

正しく学んでハッピーなカメラライフを
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 2018年9月8日(土)~2019年2月23日(土)の土曜 14:00~16:00
(①9月8日②9月22日③10月13日④10月27日⑤11月10日⑥11月24日⑦12月8日⑧12月22日⑨2019年1月12日⑩1月26日⑪2月9日⑫2月23日)
【卒業展示】廊下展示2019年2月24日(日)~3月2日(土)
内容 カメラの構え方・扱い方から始め、自分の作品を完成させるまでの基礎講座です。
カメラの種類、レンズの種類、露出、逆光、被写界深度などを学び、屋内実習・屋外実習を行います。
講座の終盤には、卒展に向けての作品作りを中心に、作品セレクト方法、作品の仕上げ方法を学んでその成果を発表します。
第2回うめだカレッジ『コスプレで自撮り!? -フランス人女性芸術家、クロード・カーアンの人生と作品-』(上智大学)
開催場所 大阪市立総合生涯学習センター・第1研修室
開催日時 平成30年7月28日(土)
10:30~12:00(受付は10:00~)

内容 クロード・カーアン(1894-1954)はフランスの地方都市の裕福な家庭で生まれ、20世紀の両大戦間のパリで前衛芸術家たちと交流し、多くのセルフポートレート写真を撮りました。彼女は扮装したり男装したり仮面をつけたりと、もとの姿がわからないほど演出をほどこした自分の写真を撮りだめ、しかもそれをほとんど人に見せませんでした。何を求めて彼女はこんなことをしたのか。作品を見ながら、一緒に考えてみませんか。
絵画教室
開催場所 住之江会館
開催日時 平成30年7月1日(日曜)~平成30年9月30日(日曜)13:00~14:30
※7月29日、8月12日を除く日曜・全12回
内容 基礎のデッサンから始めます。へたでもいい、思い切り自分の個性を表現してください。講師はスペイン人の若き感性の持ち主です。
ハングル書芸サークル
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 6/7(木)・7/5(木) 13:00~17:00
内容 韓国の文字ハングルを筆で書いてみましょう
基本の線(縦線、横線、○)の練習をし、お好きな言葉をハングルで書きます。
絵手紙
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 6/8(金)・7/13(金) 13:00~17:00
内容 絵と思う人でも書き順があり、色がつきますので 美しく見える 昔から絵はという人も書き順により色もつきますのでスイカがカボチャに見えないので脳トレに良いと思います。
水彩画教室
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 6/14(木)・28(木)・7/12(木)・26(木)14:00~16:00
内容 みんなでたのしく描きましょう  
風景、モデル、静物などやさしく教えてもらっています。
山縣書道教室
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 7/10(火)・24(火) ①14:00~16:00 ②18:00~20:30
内容 美しい文字を自分のものに!
小筆を使って実用的な書道のお稽古をしてみませんか?ご興味のある方是非ご参加ください。
絵てがみ体験
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 7/10(火) 10:00~11:30
内容 「下手でいい、下手がいい」
「下手でいい」「下手がいい」をモットーに、楽しみながら描いています。絵が苦手、でも大丈夫です!
書の教室
阿倍野市民学習センター グループ支援講座
開催場所 阿倍野市民学習センター
開催日時 7/24(火) 13:30~16:30
内容 勉強を続ける楽しみもあります。
ゆっくりと、ていねいに書く事で、字を上手に書く喜びにつながります。作品の創作も楽しくなります。
特別展「第64回 全関西美術展」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年7月6日(金)~7月18日(水)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:7月12日(木)(7月9日(月)、17日(火)は開館)
内容 近畿地方を中心とした作家たちの公募展で、応募作品は毎年1,000点にのぼります。その中から選ばれた約700点の入選作品と招待作家等の作品約200点をあわせて展示します。
コレクション展「古代イタリアの息吹-エトルスク美術-」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年7月6日(金)~7月18日(水)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:7月12日(木) (7月9日(月)、17日(火)は開館)
内容 エトルスク美術とは、イタリア中部のエトルリア(現在のトスカーナ地方)を中心とした、古代民族エトルリア人の美術活動や作品のことです。彼らは前10-前8世紀に12の都市国家を作り、ローマ人に征服されるまでの数世紀に亘り勢力をほこったとされています。古代に想いを馳せながら、生活を豊かに彩った作品をご鑑賞ください。

※7月31日(火)~9月1日(土)も開催(休館日:月曜日(ただし8月13日は開館))
コレクション展「赤松麟作」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年7月6日(金)~7月18日(水)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:7月12日(木) (7月9日(月)、17日(火)は開館)
内容 赤松麟作(1878-1953)は岡山県津山市出身の洋画家です。東京美術学校西洋画科を卒業後は中学校の美術教師を経て大阪朝日新聞社の挿絵画家として活躍しました。文展での評価を確立するとともに、画塾で優秀な弟子を多数育成するなど、大阪洋画壇の発展に指導的役割を果たしました。近年、新たに寄贈を受けた関係資料をまじえてその画業をご紹介します。

※7月31日(火)~9月1日(土)も開催(休館日:月曜日(ただし8月13日は開館))
城東区生涯学習ルーム体験教室①「ハーバリウム」②「ソープフラワーアレンジメント」「パールアクセサリー」

開催場所 大阪市立総合生涯学習センター
開催日時 平成30年7月22日(日)10:00~12:00
内容 地域で活動している生涯学習ルーム講師によるものづくりの体験教室です。
①「ハーバリウム」
②「ソープフラワーアレンジメント」
③「パールアクセサリー」
各講座30分程度で終了いたしますので、複数講座同時にお申込みいただけます。
高野山大学官学連携講座「空海と密教を学ぶ ~密教入門講座~」(8月) ネット申し込み

『空海の文学』
開催場所 大阪市立難波市民学習センター
開催日時 平成30年8月29日(水)14:00~15:30
内容 密教とはどのようなものなのか。知れば知るほど興味の深まる密教。密教の基礎知識から、1200年を経てなお人々の心を捉える空海と密教の魅力について学ぶ。
8月のテーマは「空海の文学」空海の文章表現のおもしろさは、自身の密教思想を語るときに、最もよく現れていると思います。逆に言うと、空海の表現について、その言葉がどのようなイメージを持つのかを知り、その表現の意図を考えることが、そのまま空海の密教を知ることになるということです。この講座では、いくつかの空海の言葉について、その背景を学ぶことでどのような思想が見えてくるのか具体的に提示し、お話しします。
コレクション展「涼風颯々 夏のやきもの」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年7月6日(金)~7月18日(水)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:7月12日(木)(7月9日(月)、17日(火)は開館)
内容 世界を魅了するやきものは、土と火、そして人びとの技によって脈々と育まれてきました。本展では、江戸時代の陶工永楽保全(1795-1854)の作品をはじめとする陶磁器の数々を紹介します。清々しいそよ風の吹き抜けるような、涼やかな作品の世界をお楽しみください。

※7月31日(火)~9月1日(土)も開催(休館日:月曜日(ただし8月13日は開館))
特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年/300 ans de création à Sèvres: Porcelaine de la Cour de France」
開催場所 大阪市立東洋陶磁美術館
開催日時 2018年4月7日(土)~7月16日(月・祝)
9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(7/16は開館)
内容 今回の展示では、フランス宮廷に育まれ、時代とともに変化し続けてきたセーヴル磁器製作所の300年の歴史を物語る、セーヴル陶磁都市の所蔵作品約130件をご紹介します。変化しながらも常に優雅で洗練された作品を製作し続けてきた、セーヴル磁器の魅力を感じていただければ幸いです。
アートのフィランソロピーと都市富裕層-20世紀初頭の日米に注目して-
開催場所 大阪市立大学文化交流センター ホール
開催日時 6 月22日 ( 金 ) 18時30分~20時
内容 20世紀初頭に活躍した実業家が、アート支援の重要な担い手であったことは知られています。日本では原富太郎や大原孫三郎、欧米ではロックフェラー一族が有名です。こうした富裕層はなぜアートを支えたのか?国内外の事例を比較しながら、アートを支える社会のあり方を考えます。
絵手紙体験教室
絵手紙を初めてみませんか?絵の苦手な方・下手な方大歓迎 !!
開催場所 大阪市立西区民センター
開催日時 2018年7月28日(土)13:30~15:30
内容 みなさんに書く楽しさ、心を送る喜びを感じていただきたいと思います。
小さなお子様からご年配の方まで老若男女問わず誰でもすぐに書けるようご指導いたします。
持 物 筆記具、(画材・筆等は貸出し致しますので手ぶらでお越しください)、水分補給用ドリンク

コレクション展「BIOMBO! -金と墨-」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年7月31日(火)~9月1日(土)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:月曜日(8月13日は開館)
内容 BIOMBO(ビオンボ)とは、ポルトガル語やスペイン語で「びょうぶ」(屛風)を意味します。南蛮貿易を通じてはるか異国にもたらされ愛好された名残りをあらわす言葉です。屏風絵の魅力を演出する「金と墨」を対比しながら館蔵・寄託の優品をご紹介します。
コレクション展「動物を描く -近世・近代の日本絵画-」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年7月31日(火)~9月1日(土)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:月曜日(8月13日は開館)
内容 身近な動物に対する親しみや珍しいものへの憧れなど、古くから動物は絵画の対象となってきました。本展示では、所蔵・寄託の作品から、近世・近代の画家たちが描いた動物たちをご紹介します。夏のひととき、美術館でその愛らしい姿をお楽しみください。
コレクション展「日本・中国の仏教彫刻」
開催場所 大阪市立美術館
開催日時 2018年7月31日(火)~9月1日(土)
9:30~17:00(入館は、16:30まで)
休館日:月曜日(8月13日は開館)
内容 中国南北朝時代から明時代にいたる1000年間の仏教彫刻、そして平安、鎌倉時代を中心とする日本の仏教彫刻を一堂に展示します。制作された地域や時代により移り変わる、「ほとけのすがた」をぜひご覧ください。