講座探し・会場探しのお手伝い!

       ブラウザの「戻る」は利用できません。この画面の「検索ページに戻るボタン」をご利用ください。

検索結果

分野 「歴史・民族・国際


15件が一致しました。

平和パネル展 大阪空襲と戦時下のくらし

開催場所 大阪市立阿倍野市民学習センター
開催日時 2019年8月3日(土)~8月21日(水)
※8月6日(火)、8月20日(火)は休館いたします。
9:30-21:30(日曜・祝日は17:00まで)
内容 太平洋戦争末期、50回を超える空襲によって、大阪の町は焼け野原となりました。本パネル展では、空襲を体験された方々が当時の記憶や心情、状況を思い、描き起こした「空襲体験画」、空襲後の大阪の町、戦時下のくらしなどの写真や、当時の実物資料を展示します。
令和元年度大阪連続講座「平成の大阪をふりかえる」
開催場所 大阪市立中央図書館5階会議室
開催日時 第1回2019年7月6日(土曜日)14時から16時
第2回2019年7月13日(土曜日)14時から16時
第3回2019年7月20日(土曜日)14時から16時
第4回2019年7月27日(土曜日)14時から16時

開場時間は各回13時30分
内容 2019年は平成から令和へ改元された新しい時代のはじまりの年です。1989年に改元され、約30年続いた平成には、印象に残るような出来事が数多く起こりました。
今年の大阪連続講座では「平成の大阪をふりかえる」と題し、平成時代のトピックスを切り口に大阪の歴史や文化についてさまざまな視点でお話をうかがいます。
なにわのみちの四方山話 ネット申し込み
2019年度ネットワーク型市民セミナー
開催場所 大阪市立阿倍野市民学習センター
開催日時 2019年8月8日(木)10:00~11:30

内容 「道路」について考えたことはありますか?都市を災害から守る(防災機能)、鉄道や電気、上下水道など
様々な施設を収納することができる(空間機能)etc、実はまだまだ知られざる道路の世界があるんです。
街づくりにとって、「道路」は街を支える骨格です。さぁ、一緒に「道路」について考えましょう!
森の宮遺跡展示室の一般公開をおこないます

開催場所 森の宮遺跡展示室(森ノ宮ピロティホール地下階)
開催日時 令和元年8月16日(金)~18日(日) 午前11時~午後3時
内容 森の宮遺跡は、上町台地の東斜面に位置する縄文時代~江戸時代の遺跡です。森ノ宮ピロティホールの地下には西日本を代表する縄文~弥生時代の貝塚があり、「森の宮貝塚」とも呼ばれています。当時の人々が使用していた土器や、狩猟・漁労の道具のほか、縄文人の埋葬された人骨を発掘調査で見つかったままのすがたで展示しています。
展示室は年に数日しか公開していません。ぜひこの機会にお越しください。
なたね油をしぼってみよう!
住吉区となたね油
開催場所 住吉図書館
開催日時 令和元(2019)年7月28日(日曜日)13時30分から15時
内容 菜の花を多く栽培していた昔の住吉の話を聞いて、実際になたね油を取る体験をします。
令和元年度古文書からみる大阪講座
開催場所 大阪市立中央図書館5階中会議室
開催日時 8月14日(水曜日)、8月21日(水曜日)、8月28日(水曜日)、9月4日(水曜日)、9月11日(水曜日)、9月18日(水曜日)
いずれの回も午前10時から12時(開場9時30分)
内容 近世大阪に関係ある古文書を題材として、くずし字解読を中心に、古文書の基礎的なことを学びます。また大阪の歴史についても簡単にふれます。
「なにわの日」講演会
開催場所 大阪歴史博物館 4階 講堂
開催日時 7月28日(日) 午後2時から4時(受付は1時30分から)
内容 難波宮(なにわのみや)の発見と保存運動に尽力された山根徳太郎博士の命日、7月28日(なにわの日)に古代難波をテーマとする講演会を開催します。
「前期難波宮の歴史的位置」積山 洋(大阪市文化財協会 学芸員)
「難波宮の記憶-難波宮はいかに忘れ去られ、いかに思い出されたか-」豆谷浩之(大阪歴史博物館 学芸員)
蓄音機サマーコンサート
蓄音機で聞く懐かしのジャズ・ポピュラー女性ボーカル
開催場所 大阪市立西区民センター
開催日時 2019年8月3日(土) 13:30開場 14:00開演
内容 アメリカから始まったジャズやブルースの歴史の中で、女性歌手たちはひときわ輝いていました。太平洋戦時中の日本ではジャズなどは禁止されましたが、流行歌にはたくみにジャズの要素が取り込まれ、ようやく戦後に多くの歌姫たちが登場します。当時のSPレコードを蓄音機からお届けします。真夏のひととき、懐かしい魅惑の歌声をお楽しみください。
「南北問題」再考-「要素交易条件」論と19世紀の熱帯アジア-
開催場所 大阪市立大学文化交流センター ホール
開催日時 7月23日(火) 18時30分~20時
内容 「南北問題」という用語は、この頃あまり聞かれなくなりました。かつて、先進国と発展途上国の間の経済格差を指す用語として、よく聞かれる言葉だったのですが、今日ではそれほど聞かれなくなりました。なぜでしょうか。この問いに対する答えを求めて、19世紀のアジア、特にその熱帯地域に目を向けることにします。
糸ヘンの街大阪で、糸ヘン産業の過去・現在・未来を考える
開催場所 大阪市立大学文化交流センター ホール
開催日時 8月6日(火) 18時30分~20時
内容 大阪の産業ルーツの1つであります糸ヘン産業の変遷を問屋の視点から取り上げたうえで、大阪の今後を展望します。と同時に大阪の価値観の源流ともいうべき「船場文化」の示唆するところを考えます。
万葉講演会(5)
無常と懐古と-近江荒都 その後-
開催場所 花と緑と自然の情報センター
開催日時 2019年8月3日(土)13:30~15:00
内容 巻三(雑歌)より名作を選んで、万葉集に一歩も二歩も歩み寄っていただくことをめざします。今回は「無常と懐古と-近江荒都 その後-」についてお話しします。

持ち物:筆記用具
特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」関連事業 講演会「浮世絵にみるネコの生態学」
開催場所 大阪歴史博物館 4階 講堂
開催日時 令和元年8月3日(土)午後1時30分~3時(受付:午後1時~)
内容 講師:山根 明弘氏(西南学院大学 人間科学部教授)
終戦の日 平和祈念事業
"いま"伝えたい ~95歳、絵筆で戦争と平和を語り継ぐ~
開催場所 ピースおおさか(大阪国際平和センター)
開催日時 <開催日>2019(令和元)年8月4日(日)
<時間>14:00~15:30
内容 戦前・戦中・戦後を生きる戦争体験者から、当時のくらしや空襲などについての話を聞く催しを行います。
戦争犠牲者追悼式と平和コンサート
開催場所 ピースおおさか(大阪国際平和センター)
開催日時 <開催日>2019(令和元)年8月15日(木)
<時間>14:00~15:30
内容 8月15日に相愛学園協力のコンサートや、大阪空襲死没者を追悼する場である「刻の庭」で献花、昇鶴祭を行います。
第二外国語(ドイツ語)の学習から見えてくるもの
開催場所 大阪市立大学文化交流センター ホール
開催日時 8月27日(火) 18時30分~20時
内容 英語を第一外国語とした場合、英語以外の外国語は第二外国語という呼び方をされます。異文化コミュニケーションには英語だけで十分だとする意見が主流をなす今日、第二外国語を学んだからこそ見えてくるものがあります。ここではドイツ語を事例にお話し致します。